ホームページに備わっていると便利な検索機能

検索機能の種類と設置の仕方

ホームページを作る場合は、サイト内にどのような文章があるのかを訪問者がすぐに見つけられるように検索機能をつけると便利です。では、検索機能はどのように組み込めばいいのかというと、ホームページをCMSやブログで作成している場合は、検索機能がデフォルトで備わっているのでそれを使えます。HTMLとCSSだけで作るサイトの場合は、検索用のプログラムをダウンロードして組み込むか、検索サービスから提供されるスクリプトを使うことになります。

あいまい検索が使えると便利

検索サービスのスクリプトを使うことには大きなメリットがあります。それはあいまい検索が可能だということです。CMSやブログに元々備わっている検索機能は、入力された文字列と同一のものがサイト内にあるかどうかのチェックしかできません。もし、閲覧者が10文字のキーワードを入力して、そのうち9文字が同じ文字列がサイト内にあったとしても、1文字だけ違えば検索結果に表示されないのです。しかし、検索サービスのスクリプトであれば、必ずしも同一ではなくても似た文字列が含まれているページを検索結果に出してくれます。

高齢者のキーボード入力を助けるサジェスト機能

もう一つ、検索サービスのスクリプトを使うメリットがあります。それはサジェスト機能が使えるというものです。サジェスト機能とは、ホームページの閲覧者が検索フォームに何文字が入力した時点でキーワードを推測し、候補を表示して選べるようにするという機能です。これも、CMSやブログの検索機能では使うことができません。サジェスト機能は、一般の人が便利というのももちろん、キーボードの入力が不慣れな高齢者でも簡単に検索をできるので、高齢者向けのホームページには取りつけておくべきでしょう。

これからホームページ作成を考えているならば、自らで作成せずに信頼のおけるプロに作成を依頼することで満足のできるホームページを作成することができます。