ネットでお小遣いを得られる!ウェブライターになって記事を作成する

アフィリエイトよりも報酬を得られる可能性が高い

今、インターネットにちょっとした記事をアップロードして報酬を得ている人が増えています。インターネットには以前からアフィリエイトという、ウェブサイトに広告を貼ることで報酬を受け取れるというシステムがありましたが、それは成功報酬制がほとんどでした。つまり、自分のウェブサイトに記事を掲載して、広告を貼ったとしても、その時点ですぐにお金をもらえるのではなく、サイトの閲覧者が広告をクリックして購入したという結果が出た場合にのみ報酬が発生したのです。

記事の発注主と契約を結ぶ

しかし、今、増えているウェブでのライティングは発注主からの依頼に応えて記事を書けば、確実に報酬を得られるというもので、その分、初心者には敷居が低く、アフィリエイト目当てにウェブサイトを作るよりも簡単だといえます。では、具体的にどのような形で記事を作成すればいいのでしょうか。まず、行うのは発注主との契約です。記事の発注主とダイレクトに関係を結ぶこともできますし、また、発注主とライターの間に入る会社を通じて契約することも可能です。

不特定多数のテーマの中から書きやすいものを選べる

契約を行ったら記事を書くことになりますが、基本的に不特定多数のテーマの中から、自分が書きやすいと思ったものを選んで、特定の文字数を費やしてそのテーマのことについて書くことになります。記事によっては、発注主からコラム風にしてほしい、あるいは体験談という形にしてほしいといった指示が出るので、その通りに執筆します。指示を無視して書いてしまうと、記事の受け取りを拒否されて報酬をもらえないことがあるので注意が必要です。

近年、自宅にいる主婦や副業で記事作成の仕事が人気です。人気の理由として家事や育児の空いた時間に自分のペースでやれるメリットや副業として収入を得たいと考えている人にとって気軽に始められるからです。