あなたにも起こりえるネット炎上、誹謗中傷被害

まさかわたしが?いえいえ、誰にでも起こりえるんです

2ちゃんねる、SNS、掲示板など。ネットの書き込みで見知らぬ人と気軽にコミュニケーションを取るのは楽しいですよね。しかし、モニター画面を通してのみのお互い顔が見えない気安さから、ついつい乱暴な言葉や礼儀を欠いた書き込みをしてしまい、掲示板の雰囲気を悪くしてしまったり、相手を怒らせたり。それが原因で、どこかの誰かの恨みをかってネットにいわれのない悪口を書き込まれ、その悪口妄言が拡散してしまうネット誹謗中傷。有名人がまきこまれて話題になるいわゆる「ネット炎上」もそのひとつ。ネット誹謗中傷はネットを利用していれば、誰にでもおこりえることなのです。

見知らぬ誰かから悪意を受ける…怖いですよね

誹謗中傷とは、真実でない根拠のない悪口や嫌がらせを受けてしまうこと。リアルでも起こりえるトラブルですが、ネット上での付き合いしかないモニターの向こうの誰かが、本当のあなたを知っているはずないですよね。その見知らぬ誰かからの悪意ある書き込みに怒り心頭、書き込みで応戦してさらなる大炎上、最悪のパターンです。ネット誹謗中傷の被害は、悪口暴言による、「名誉毀損」、人格否定などの「侮辱」、掲示板にあなたの個人情報を書き込まれる「プライバシー権の侵害」。そして、脅しなどの「脅迫」です。ネット誹謗中傷被害に巻き込まれてしまったら、まず冷静になること。そして、可能な対策を考えてみましょう。

ネット誹謗中傷に巻き込まれてしまったときは?

ネットでの誹謗中傷はケースによりますが、刑法に触れる犯罪です。軽い悪口の応酬なら、口げんかと同じようなもの。不愉快な書き込みは無視すれば良いのです。しかし、著しく名誉を損なう侮辱的な書き込み、不愉快きわまりない人格蔑視的な書き込み、家族、仕事などプライバシーにかかわる情報、脅しは無視できないですよね。まず、誹謗中傷書き込みがされたページのURLを確認し、印刷、記録を残しましょう。具体的に侵害された権利、またその理由をまとめましょう。ネット誹謗中傷被害は、警察、弁護士、ネットのトラブルを扱う専門業者などに相談できます。警察への相談は無料、サイバー犯罪対策課が対応していますが、扱ってくれるのは名誉毀損などで具体的に刑事告発を検討している深刻なケース。弁護士はお金はかかりますが、中傷記事の削除、掲示板管理者への削除依頼、裁判所への仮削除処分など、あらゆる法的な手続きをしてくれます。専門業者は、主に企業など「法人」に対応しており、ネット上の悪評を表示させないッ逆SEO対策などもおこなっています。被害の深刻さ、ケースによって、どこに相談するのがベストなのか落ち着いて考えましょう。

ネット誹謗中傷とはインターネット上で根拠のない悪口や嫌がらせ、侮辱する内容を書き込むことを言います。